toggle
マネジメントの「しくみ」とリーダーの「人間力」向上を実現するコンサルティング会社

テレワーク時代にも継続的成果を出す組織を作るために!マネジメント課題を診断します

テレワークが急増し、部下の進捗や様子、課題や悩みが見えにくくなりました。
居場所がバラバラになり、自然にチームワークがよくなることもありません。

部下との対話も「画面越し」「声のみ」「メール」などに依存するようになり、
雰囲気や感覚よりも、言葉や話し方の重要性が高まっています。

「困ってないか」「孤立してないか」「やる気を維持しているか」などのメンタル状況も、
なんとなく部下の様子から察するということができなくなりました。


継続的に成果を出し続ける組織には共通の特徴があります。

テレワークか仕事場勤務かに関わらず、
成果を出し続ける組織には次のような特徴があります。

1.組織の「人間関係」が良好
2.質の高い「対話」をしている
3.速やかに「問題」を解決している
4.自立的に業務の「PDCA」が回っている
5.部下育成力が高く「部下が成長」している

テレワーク環境が進むと部下の様子が見えにくくなり、
コミュニケーションが取りにくくなりますから、
今まで以上に、各人が自立的に活動することを支援する「自立型マネジメント」が求められます。

もし、テレワークになって成果が出ずらくなったと感じていたら、

「人間関係」「対話」「問題解決」「PDCA」「部下育成」
のどこにマネジメントの課題があるのか?
以下の60項目について診断してみてください。

自立的な組織作りの完成度を測る
「自立型マネジメント」力診断

1.組織の人間関係は良好ですか?

【人間関係診断】ほぼ該当していれば人間関係は良好です

□01 集中できる時間がある
□02 周りを気にせずリラックスできる
□03 お互いに自然に挨拶している
□04 感謝の言葉が自然に出る
□05 軽い世間話をしている
□06 気兼ねなく話せる
□07 会話量は多い
□08 活気があって表情が明るい
□09 お互いに相手を尊重している
□10 相手の仕事や状況を理解している
□11 想いやビジョンを共有している
□12 挑発等、否定的交流が起きてない
□13 相手をコントロールしようとしていない
□14 自分の考えを率直に伝えている
□15 いつもの習慣を超えて交流している
□16 協力し合っている
□17 お互いの信頼関係がある


2.質の高い対話をしていますか?

【対話力診断】ほぼ該当しなければ質の高い対話をしています

□18 対話が続かず、一方的にしゃべっている
□19 相手の話を最後まで聞けず、途中で遮ってしまう
□20 話しが伝わらず、意思疎通が難しい
□21 相手の本音がわからない
□22 相手と信頼関係が築けず、心を開いてもらえない
<以下、主語は「リーダー」>
□23 悩みを相談されてもアドバイスができない
□24 部下への注意、アドバイス、フィードバックが刺さらない
□25 部下のモチベーションを上げられない
□26 ベテランや年上の部下、若手への対応方法がわからない
□27 みんなの意見を引き出して合意をとれない
□28 相手の特徴に合わせず、いつも自分のクセで話しをしている


3.速やかに問題を解決していますか?

【解決力診断】ほぼ該当すれば十分な問題解決力があります

□29 問題発見時に「理想の状態」と現状のギャップを把握してる
□30 問題の真因を把握した上で対応策を決めている
□31 過去の原因追求より未来の可能性に意識が向く
□32 自分以外の原因探しより、自分が出来ることに意識が向く
□33 解決案に対し「それは難しい!」と片付けていない
□34 前例のない問題にも、一致団結して対処している
□35 困難な環境に遭遇しても、前向きな状態を維持できる
□36 日常的に良い状態(マインドフルな状態)で過ごしている
□37 一度問題解決したら、似たような問題が再現しない


4.業務のPDCAは回っていますか?

【PDCA診断】ほぼ該当しなければPDCAは回っています

□38 いつもの習慣で、なんとなく同じような「活動」を繰り返している
□39 一人前の「活動」が出来るようになるまで時間が掛る
□40 いつも行動量が足りない
□41 気がついたら、一部の顧客にのみ活動していた
□42 当たり前にやるべき行動が出来ない人がいる
□43 メンバーによって、得意・不得意がバラバラ
□44「顧客」のことをよく知らない
□45「優先度の高い顧客」への活動が、その他大勢と同程度
□46「重要な顧客」へのアプローチが曖昧
□47 普段の「行動」が「目標」とリンクしていない
□48 組織の「戦略」と各人の「行動」が一致していない
□49「行動」のマネジメントと「業績管理」が連動していない


5.部下は成長していますか?

【部下育成診断】ほぼ該当すれば部下育成できています

□50 部下が成果を出すのに必要なスキルや知識を明確にしている
□51 いま強化すべきスキルや知識を決め、部下と共有している
□52「やってみせ、やらせてみる」ことで暗黙知を交換している
□53 部下の業績は上昇傾向である
<以下、主語は「部下」>
□54 何が成果で、どうしたら成果を出せるか理解している
□55 活動内容を振り返り、教訓を蓄積している
□56 自ら考え、積極的に発言したり行動している
□57 新たなチャレンジをしている
□58 モチベーション高く取り組んでいる
□59 マーケット、自社の状況、戦略などをよく理解している
□60 組織や顧客に積極的に関わっている


いかがだったでしょうか?
もし、この診断でマネジメントの課題が見つかった場合、
課題に応じて、解決方法をご案内しております。

『自立型マネジメント』を実現するために

診断でわかった課題に応じて、
必要となるスキルや、研修/診断テスト/コーチング等の解決策をご案内します。

【必要なスキル】

◆ 成果を生み出す組織を作る「人間関係術」
◆ 期待通りの反応が引き出せる「対話術」
◆ 個別最適な支援でやる気を引き出す「面談術」
◆ 暗黙知の交換でワンランク引き上げる「OJT術」
◆ 議論がはずむ!行動が変わる!「会議術」
◆ 現場が自立的に成長する「PDCAマネジメント」

『自立型マネジメント』はこちらでご紹介しています(作成中)

『自立型マネジメント』 の個別相談

個別のご相談も承っています。
課題の理解や対応方法についてのご相談、
研修、コーチング、診断テストのご紹介については、
下記よりお気軽にお問い合わせください。

詳細はこちらからお問い合わせ下さい

※お問合せフォームは、フューチャースピリッツ社が運営する「フォームメーラー」を利用しています。