toggle
マネジメントの「しくみ」と「人間力」の向上に特化したコンサルティング会社

PDCAマネジメント

お客様のニーズに応えられる強い現場を作るために、
「本物のPDCAマネジメント」を自律的に現場がまわしていますか?

可能性1:「行動」ではなく「結果」をPDCAしている可能性があります。

市場が成長し、サービスで差別化できた頃は、
営業チーム会でひたすら「売上の予測」=結果
を確認している会議風景をよく見かけました。
しかし、今は市場が成熟し、
似たようなサービスが乱立する時代。
差別化できるのは、
お客様と直接接する現場の「行動」です。

「結果」をマネジメントしても「結果」は出ません。
「行動」をマネジメントすることで「結果」を出します。

可能性2:重要な4視点「組織」「顧客」「メンバー」「活動」のPDCAをまわしてない可能性があります。

<PDCAマネジメントの4つの視点>

・組織PDCA:戦略の実行

・顧客PDCA:顧客の1社ごとのストーリー

・メンバーPDCA:人的資源を最適配分

・活動PDCA:活動の狙いと実行を磨く

の4つの視点で自組織の課題を考え、
必要な「行動」を見極め
独自の「PDCAマネジメント」を設計します。

「PDCAサイクル」がうまく回っていない場合、こんな問題が起きます。

☑ 上司が部下の「行動」や「課題」、お客様の「ニーズ」が見えない
☑ その結果、営業の行動を引き上げる知恵を共有できない
☑ 目標を割り当てても、普段の行動が目標とリンクしていない
☑ 重要な顧客を指定しても、そこへの活動がその他大勢の顧客と同程度
☑ メンバーの労働時間が不足し、一部の顧客にのみ活動している
☑ メンバー間で得意/不得意がバラバラで業績格差が大きい
☑ メンバーはいつもの習慣で、なんとなく同じような活動を繰り返している

 

少しでも、お心当たりがあるのであれば、
残念ながら貴社は上手くPDCAを回せているとは言えないでしょう。

しかし、ご安心下さい。
弊社はPDCAマネジメントのエキスパートとして
数多くの企業のPDCAの実態を把握し、このような本も出版してきました。

目標の先にある「顧客満足度」と
サービスの質を左右する営業マンの「営業生産性」
の両方を向上させるために、
現場の営業リーダーが営業の現場力を上げる
PDCAマネジメントの活動を紹介しています。

[著書]今いる人で目標を超える リーダーの戦術ノート
[著者]河村庸子
[出版社]株式会社クロスメディア・パブリッシング
[amazon]こちら

 
これらの中で気が付いたことは、
成長市場から成熟市場へと環境が変わったにも関わらず
ほとんどの企業が環境変化にあわせて「PDCAマネジメント」を変化させられていないという事実です。
だからこそ、真のPDCAを導入した企業は、以下のような結果を手に入れています。

コラボプランの「PDCAマネジメント」を導入した企業で起きたこと

☑ 若手社員が短期間で成長し、1年で戦力になった
☑「出来ない部下」が成長し、「出来る部下」との差が縮まった
☑ 部下同士が「行動」の知恵を出し合うことで、チームワークがよくなった。
☑ お客様からの反応がよくなり、部下たちが自信を持つようになった
☑ 上司と部下の対話が増えることで信頼関係が深まり、組織風土がよくなった
☑ 5ヶ月で行動の量と質を測る指標が共に120%にあがった
☑ 1年間で、91人の組織平均で2倍の社数を担当できるようになった
☑ 競合のマーケットシェアを抜き、業界1位に返り咲いた

 

では、どうすれば真の「PDCAサイクル」を回すことができるのでしょうか?

コラボプランは、あなたの組織オリジナルのPDCAを導入します!

コラボプランの「PDCAマネジメント」はここが違うから成果がでる!

 

違い1.あなたの組織独自の「PDCAマネジメント」の枠組を素早く設計します

これまで多くの組織にPDCAマネジメントの導入をしてきた経験から
マネジメントすべき「プロセス」は17種類に絞り込めます。
これらのプロセスマネジメント方法とその効果をご紹介します。
組織の課題を解決に有効なプロセスを選択し、
独自の「PDCAマネジメントの枠組」を設計するので、
現場が無理なく実行することができます。

この17種類のプロセスをの説明と枠組の設計を1日で行います。
例えば、17種類の「プロセス」とは、このようなものです。

  1. 1)日々の活動で狙う「活動目的」(活動PDCA)
  2. 2)業務報告してもらう日報のフォーマット(活動PDCA)
  3. 3)メンバーが持つべき「スキル」(メンバーPDCA)
  4. 4)部下が把握すべきお客様についての情報(顧客PDCA)
  5. 5)重点戦略の行動ステップ(組織PDCA)

違い2.他社事例を参考にPDCA対象「プロセス」を具体化します

PDCAマネジメントの対象に選んだ「プロセス」の内容を具体化を支援します。
例えば、4)部下が把握すべきお客様についての情報(顧客PDCA)を例にしましょう。

営業マンがお客様について把握すべき情報を洗い出す時は、
いくつかの視点から考える必要があります。例えば、

  • ・「興味関心」や「ニーズ」など、お客様の課題を解決するための情報
  • ・「決裁者」情報など、効率的に営業するための情報
  • ・「取引実績」や「予算」など、組織として優先順位を付けるための情報
  • ・「サービス満足度」など、最新の顧客の状態

などです。これまで何度も設計してきた経験をもとに、
「プロセス」の具体化をサポートします。

違い3.システムへの影響把握と変更するためのアドバイス

日報や顧客管理などを既にシステム化しているケースがあります。
独自で作成しているツールや、 社内システムは、
新しい「PDCAマネジメント」に合わせて変更していただく場合があります。
コラボプランは、システム変更に関するアドバイスも致します。
PDCAマネジメントの現場への導入についてのQ&A

Q1.「PDCAマネジメント」を現場に導入するためにはどのような準備が必要ですか?

A)次のような内容について、
資料を作り、現場に説明会を開催します。

  • ・組織の現状と目指す状態
  • ・PDCAマネジメントの目的と概要
  • ・PDCAマネジメントのプロセス詳細
  • ・サイクル(日次、週次、月次・・・)別の行動
  • ・ツールやシステムの使い方

資料作成や説明会の実施をサポートします。

Q2.現場に「PDCAマネジメント」が定着するまで、どのぐらい時間が掛かりますか?

A)現場のリーダーと部下が
「PDCAマネジメント」を開始すると、
面談や会議や同行をしながら、
P:成果を「狙う」計画を立て
D:失敗を恐れず「挑戦」し
C:結果と計画の「ギャップ」を知り
A:アイデアを「発見」する
という新しいサイクルを回し始めます。
平均3ヶ月間程度で、定着します。

Q3.現場のリーダー一人で「PDCAマネジメント」を定着させられますか?

A)現場のリーダーが自律的にまわせるようになるまでの期間、
OJTでマネジメントをサポートします。
各リーダーに合ったマネジメントスタイルを確立するためには、
実際に現場で起きた問題や疑問にお答えし、
現場を見て気づいたことをフィードバックすることが有効です。

例えば、チーム会議に伺い、
次のようにな流れでOJT型支援をすることが可能です。
チーム会を使ったOJT型支援の例

お問合せ

あなたの組織のPDCAを無料で診断いたします。

詳細はこちらからお問い合わせ下さい

※お問合せフォームは、フューチャースピリッツ社が運営する「フォームメーラー」を利用しています。