toggle
マネジメントの「しくみ」とリーダーの「人間力」向上を実現するコンサルティング会社
2015-08-01

営業マネージャーに喝!(Monthlyミクス8月号)

Monthlyミクス8月号「激動期に勝ち残る営業マネージャー」に掲載

あなたのマネジメントは管理系?人間系?
元気のない組織 再生させます!

media1

激しい時代だからこそ「人間系」マネジメントのウェイトを増やしてみてはどうか。・・・「プロセスマネジメント」の基本は「対話力」・・・これにより営業組織の再生も可能となった。

寄稿
河村庸子(株式会社コラボプラン 代表)
山本藤光(株式会社コラボプラン 顧問)

■マネジメントに関する、意識と行動調査

記事で触れた、マネジメントの現場である、会議・面談・同行(OJT)に関する、上司と部下の「意識と行動調査」結果のギャップを示すグラフを紹介します。

▼90%の上司は「部下の活動がレベルアップする目標を与えている」と答えているのに対し、70%の部下は「自分の活動をどうレベルアップすべきか悩んでいる」と答えている。

1.mendan-grapha

▼90%の上司が「明日につながる会議を運営している」 つもりなのに対し、40%以上の部下は「今の会議は明日につながっていない」と答えています。

2.kaigi-grapha

▼今回の掲載では紹介していませんが、同行に関して、50%の上司が「同行で業績を上げられる」と考えているのに対し、80%の部下は「同行では業績は上がらない」 と答えています。

3.doukou-grapha

マネジメントの質を上げるためには、最初に意識と行動の変革が必要になります。コラボプランでは、6つのプログラムで構成するリーダー変革プログラムを提供しています。

関連記事